So-net無料ブログ作成
検索選択

【ネタバレ】はじめの一歩第1093話の感想!『心の練り上げ』 [マンガ]

ついに、ついに…!


『はじめの一歩』最新単行本110巻4月17日発売!
(一歩敗北! 鷹村、世界統一へ挑む!)


【第1093話】

勝利した千堂は、アルフレド・ゴンザレスとの
対戦をアピール。

一歩は戦友の勝利を目の当たりにし、何を思う?


…今ならわかる。自分がどうして負けたのか。
鷹村の言ったことが少し理解できたような気がする一歩。

そして3人に質問してみる。
負けたコトに対して言い訳があるかと。

3人
「腐るほどある!」

板垣→狭い所で戦わされた。

木村→スタミナ切れ。

青木→相手が自分より弱ければ勝っていた。

木村
「お前の場合は?」

一歩
「…そうですね 言い訳を…探していました。
世界前哨戦と聞いて今の自分がどれほど
通用するのか試してみたかった」
 
青木
「それもアリなんじゃないの?」

一歩
「負けたのは力不足です」

だけどそれだけじゃないと思い知る一歩。

千堂と間柴の眼を見て
アレは人のモノではなかった、
そして自信満々で勝つことだけを
信じている眼だったと!

つまり試合までの過ごし方に
問題があったのである。

体の鍛え方は同じでも、
精神の練り上げ方が決定的に違う、
そう、甘すぎたのだ!

誰も負けることなど考えていない、
絶対 絶対絶対絶対 自分が勝つ、
そして、どこまで通用するかなんてノリで、
リングに上がっていないのである。

鷹村は言った。
その線から先は、人外の者だけが棲む場所だ。
人のまま入ってくるなと。

もう一度立ち上がるなら
男には言い訳が必要だと。




控え室では千堂と間柴がケンカ中。

前座は終わり… あの男の出番!!




【感想】

一歩の浮かない顔は、自分の甘さを
痛感していたからなんですね。

確かにあの二人の眼は人じゃなかった。
一人は死神、もう一人は獣ですから、
強いはずです!

そして控え室でケンカかあ、
どんだけタフなんだ、こいつらは。




【第1094話の予想】

鷹村登場!!

入場にふざけたパフォーマンス
魅せつける!
  




次回が楽しみです!


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。